カテゴリー

会員専用ページ

ログイン
はじめてのお客様
商品検索

FAX・スマホで購入

FAXでもご注文いただけます。 モバイルサイト
rss atom
ホーム 完熟三戸りんご 早生ふじ(9-10月)
個数は画像と異なります。

<中玉秀>早生ふじ約10kg約36-40個M玉(モールドパック詰)
型番 W6
販売価格

4,800円

品切れ

<中玉秀>早生ふじ約10kg約36-40個M玉(モールドパック詰)
■受注期間:毎年9月下旬〜(天候によります)
■発送期間:毎年10月上旬〜10月下旬まで(天候によります)
※送料一律900円(1梱包)でお届けします。沖縄地方へ発送の場合は送料1,500円(1梱包)となります。

5kg箱と10kg箱は15kgまで1梱包で発送できます。
20kgは2梱包での発送となります。

3kg箱は最大9kg(3箱)まで1梱包で発送できます。
3kg箱を4箱ご注文の場合は2梱包分の送料がかかります。

やまさん農園について

親子四代100年の歴史

やまさん農園について

当農園のある青森県三戸町は、三方を山に囲まれた盆地型の地形となっています。この独特の地形が昼夜の温度差を大きくし、最も果樹栽培に適した気候をもたらしてくれます。
また、夏は30度以上になり、真夏日が続き、秋、冬は朝、晩の冷え込みが強く、果物や野菜作りにも最適の場所です。そのため、りんご以外にもサクランボ・桃・梨・プラム・ブドウと味の良い果物が採れるのです。
名久井岳と三戸町
名久井岳をバックに当りんご園の様子。完熟するまでじっくり待って発送しています。
左は春の三戸町の様子です。四方を山に囲まれ果物栽培に適した盆地型の地形です。

園主と家族の紹介

園主・店長:佐々木善伸
高校卒業後、農業を継ぎ30年余りのキャリアになります。今では様々な果物にチャレンジして良い品物が作れるようになりましたが、まだまだ!もっと良い品質の果物を提供できるよう日々考えています。
【性格】 普段はおとなしいが、いざとなると「やる時は、やる」タイプ。
【趣味】
野球(朝野球チーム所属)、カラオケ
妻:佐々木直子
主婦の仕事と果樹園の仕事と両方がんばっている2児の母です。消費者の皆さんから「おいしい」と喜ばれるような果物をお届けできるようにがんばっています。
【性格】
仕事はまじめで、おとなしく、家庭では掃除が得意でキレイ好き。たまには、子供に雷を…。
【趣味】
韓国映画鑑賞、ショッピング。

果物作りへのこだわり

味を重視した栽培管理を行っています
完熟したものから収穫
果物は完熟し、私たちプロの目から見て、色、味、香りと納得がいく状態になってから、一個一個丁寧にもぎとります。 市場の相場や色付きに囚われて早もぎをしないで、数回に分けて収穫します。その為、収穫作業は時間と手間がかかります。しかし、お客様に喜んでいただける商品を作るために日夜考えております。
さくらんぼの朝採り
土へのこだわり
当園で林檎を作り始めてから私で四代目となり、100年以上になります。父からりんご作りを学び三十年前から徹底した有機肥料を施し、土中のバランスの良さがりんごの歯ざわり(シャリ感)を作るのだと思います。さらに稲わら堆肥や牛ふん完熟堆肥、魚粕、米糠等の有機質を入れる事で地力を高め味を良くします。
屋号やまさんの焼き印
葉っぱから吸収
樹にとって、葉っぱは重要な役割を果たします。その葉から吸収する、葉面散布(複合肥料、海藻エキス)を年に数回散布し、葉を厚くし働きを活発にします。その健全な葉で果実をより大きくし、毎年、良質な果物が生産されるのです。
2回にわける葉摘み作業
師との出会い
平成6年より、山形県東根市の篤農家「遠藤庄太」氏と出会う事ができ、10年以上の付き合いが続いております。 山形のさくらんぼ、桃、西洋梨の栽培技術を教わる事で、当園もいろいろな果物にチャレンジする事ができ、良品なくだものが出来上がってきました。
玉回し作業
土にこだわり、樹と葉を大切に育てる

トレーサビリティ

基準農薬散布量30%減
農薬散布において、すべては登録農薬を使い、適正使用の基準を守り、安全で安心な防除を実施しています。 農薬散布回数も青森県の防除基準より2回少なくし、散布量も2割少ない量で必要最低限に抑えています。

化学肥料は一切使用しておりません。
果樹園内の除草剤は使用しておりません。
りんごの実と葉の様子

樹と果実を守るために

もし、春から収穫までの間、全く農薬を散布しなかったら・・・?

葉や果実に病害虫がついて、その果物は生で食べたり、販売できる品質ではなくなってしまいます。 葉には光を浴びて養分を作り、それを樹や果実に送る大切な役割があります。その葉が病害虫の被害を受けると、その年の果実の品質・収穫に影響を与えるのはもちろん、次の年の樹の成長にも影響を与えてしまいます。

また、病害虫の近隣の果樹園への影響も予想され、「青森のりんご」の品質を損なう事態にもなりかねません。 そうならないためにあるのが、青森県の防除基準ガイドラインです。もちろん、人や自然環境への安全性が守られています。 どうぞ、安心してお召し上がりください。
ページの上部に戻る
Copyright (C) yamasan farm ALL RIGHTS RESERVED.